このブログについて

発倖美人とは…
いつもポジティブ&エネルギッシュで、夢に向かってやりたいことをどんどん実現し、自らのキラキラオーラで周囲の人に倖せを発することができる人のこと。
本ブログではマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)@東京・蒲田のインストラクターはりまや佳子が天井知らずの倖せを手に入れ、キラキラ発倖美人になることを目指し、自分らしく明るく楽しく暮らしていくためのとっておきのコツをご紹介します。

Facebook はりまや佳子

Facebook G-veggie

MOBILE

qrcode
おはようございます♪ 
マクロビオティック☆キレイ料理教室G-veggieのはりまや佳子です。 
みなさん今日もお元気ですか? 

先日から10期生を迎えるG-veggieの誕生秘話を公開しておりますが、 
おかげさまで大好評!! 

【誕生秘話】マクロビオティックからオーガニック料理へ 
http://blog.g-veggie.com/?day=20150211 
【第1話】病はある日、突然に… 
http://blog.g-veggie.com/?day=20150212 
【第2話】生きるためには理恵が必要です 
http://blog.g-veggie.com/?day=20150224 

そこで今日も続きをご紹介いたしますね。 

にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ


肝臓病の権威といわれる評判の大病院で、 
インターフェロンという治療をはじめてみたものの… 
残念ながら効果よりも副作用に悩まされてしまったため、 
2ヶ月ほどで治療を断念。 

他に効果的な治療法がないかと探していた矢先に、 
友人が当時取り組み始めていたマクロビオティックを紹介されました。 


その友人がなんでマクロビオティックに出会ったのか聞いてみたところ、 
書店で一冊の本に出会ったのがはじまりだったとのこと。 

当時、私は出版社で単行本の編集者をしていたので、 
どんな出版社がそのよんな魅力的な本を出しているのかと、 
出版社を聞いてみたところ… 

なんと私がつと勤めていた出版社の本だったのです!! 

日本中に4300社以上も出版社があり、 
年間に7万冊以上も出版されている中で、 
友人が小さな書店の棚でみつけたマクロビオティックの本が、 
自分の勤めている会社の本とは… 

「灯台下暗し」とはよくいったもので、 
自分の会社の出版物であっても、 
他の編集者が作った本のことは全く知らなかったのです。 

その本のタイトルは… 

著者は私が20代の時に勤めていた会社の創業者で、 
人生のメンターでもある船井幸雄先生と、 
私のマクロビオティックの師匠である久司道夫先生。 

本物の「食と健康」のための究極の指南書で、 
船井幸雄先生がこれまで自著で部分的に語っていた健康のコツを、 
詳細に公開していました。 

世界中で食と健康の関連性が改めて見直されている中、 
米国で「食健康学の神様」と呼ばれる久司道夫氏と、 
マクロビオティック理論を含めた 
「ヘルスケアの近未来図」というテーマで激論された対談本。 

この本との出会いが、私の人生を大きく変えることになるとは、 
当時は夢にも思っていませんでした。 

さっそく会社でこの本を在庫の本の棚から探し出し、 
読み始めてみると… 

もしかしたら病気がマクロビオティックでよくなるかも… 

と嬉しい予感が胸いっぱいに広がり始めて、 
なんだか心がウキウキ&ワクワクしはじめたのです。 

この感覚を味わうたびに私は、 

大きな倖せがやってくる予感 

だと思うのです。 

この感覚は季節でいうとちょうど今頃、 
長く寒かった冬がようやく終りを告げはじめ、 
気温が徐々にあがると同時に、 
太陽の光が優しく柔らかくなってきていますよね。 

梅の花が咲き始め、鳥のさえずりが耳に心地よく、 

これから春がやってくるんだな〜 

と思うだけで心がウキウキ&ワクワクしてくるのは、 
大気が上昇のエネルギーに満ち溢れていいるから。。 

ですからこの感覚を味わったときには、 
自分の運気も上へ上へと上がってきた証拠なのだと思うのです。 

人は人生を楽しく生きるために生まれてきていますので、 
このウキウキ&ワクワクとする瞬間を大切にして、 
その時間を少しでも増やすよう努力していくと、 
人生が好転しはじめますよ〜 

自分の人生をもっともっと豊かにしたい方は是非、 
最近、心がウキウキ&ワクワクした瞬間を思い出してみてくださいね。 


仕事中に読み始めた運命の本はおよそ2時間で読破!! 

本を閉じた瞬間に、 

マクロビティックを勉強してみよう
 
 そうすればきっといいことがある


と、根拠のない確信を心に強く感じた私は、 
次にどんなアクションを起こしたでのでしょうか?? 

このつづきはまた次回… 


今日も最後まで読んでいただきまして、 
本当にありがとうございました。 

それでは今日もお日様のように明るく笑って、 
お月様のように穏やかな気持ちで、 
楽しい一日をお過ごしください。 

↓↓↓応援クリックしていただけると、とても嬉しいです!!
にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ
応援&ご協力いただきまして本当にありがとうございます。

今日も最後まで読んでいただきまして、 
本当にありがとうございました。 

それでは今日もお日様のように明るく笑って、 
お月様のように穏やかな気持ちで、 
楽しい一日をお過ごしください。 



おはようございます♪ 
マクロビオティック☆キレイ料理教室G-veggieのはりまや佳子です。 
みなさん今日もお元気ですか? 

にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ

昨日から10期生を迎えるG-veggieの誕生秘話を公開しておりますが、 
おかげさまで大好評!! 

【誕生秘話】マクロビオティックからオーガニック料理へ 
http://blog.g-veggie.com/?day=20150211 
【第1話】病はある日、突然に… 
http://blog.g-veggie.com/?day=20150212 

そこで今日は続きをご紹介いたしますね。 




肝硬変という不治の病に冒されてしまったといって、 
泣いて暮らしているわけにはいかないと心を奮い立たせ、 
病と闘うための治療をはじめることにしてみましたが… 

ここで立ちはだかったのが日本の健康保険制度。 

私たちが加入している国民保険や社会保健では、 
通常は病院で掛かる費用の3割を負担することになっていますが、 
実はこれは治る病気に限ってのこと。 

肝硬変は現代の西洋医学では治らない病気なので、 
治療は全額自費負担。 
3年間にかかる費用はおよそ500万円ですと、 
担当の先生に告げられて倒れそうになりました。 

病院の先生にすすめられたインターフェロンという治療方法は、 
ひとつ前の病気のC型肝炎なら治る見込みがあるので3割負担で、 
肝硬変は治る見込みがなく現状維持が目的なので、 
治療費は全額患者の負担になるとのことでした。 

500万円という大金をお支払いできない場合はどうなるかというと、 
肝臓の機能をおだやかに高める漢方療法があるとのことでしたが、 
その効果は人によってまちまちだそう。 

アメリカでは健康保険に加入するのがとても高額なので、 
お金のある人は良い医療を受けられ、 
お金のない人は医療を受けることができないという、 
厳しい医療格差があるということを知っていましたが、 
まさか日本の健康保険制度にも同じようなことが起こるとは、 
夢にも思っていませんでした。 

3年間で500万円、 

そんな大金をかけて治療をしても治る見込みのない病気。 

この時に私がマクロビオティックを知っていたら、 
肝臓という臓器な一番再生能力が高いので、 
機能を回復する可能性が大きいと希望をもてたはず。 

たとえ肝硬変という肝臓の重篤な病でも、 
朝型の規則正しい食生活をして、 
肝機能を弱めるアルコールや甘いもの、 
食品添加物などの薬物一切をやめ、 
肝臓を養う玄米中心の食事いして、 
味噌や醤油のような発酵食品、 
菜の花のような苦味のある青い野菜や 
ネギやセロリのようなまっすぐ上に伸びる野菜、 
そしてデトックス効果の高いきのこ類などを毎日たっぷりと食べて、 
フレッシュなエネルギーをチャージして、 
疲れたら体を横にしてゆっくりと休むという養生法で、 
病気と闘うことができたのに… 

生きるための智恵がないかったことが残念でなりません。 

それでも大切な家族の命にはかえられないので、 
治療をはじめてみることにしたのですが… 
その結果はいかに、、、 

この続きままた次回。 

今日も最後まで読んでいただきまして、 
本当にありがとうございました。 

それでは今日もお日様のように明るく笑って、 
お月様のように穏やかな気持ちで、 
楽しい一日をお過ごしください。 

↓↓↓応援クリックしていただけると、とても嬉しいです!!
にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ
応援&ご協力いただきまして本当にありがとうございます。

今日も最後まで読んでいただきまして、 
本当にありがとうございました。 

それでは今日もお日様のように明るく笑って、 
お月様のように穏やかな気持ちで、 
楽しい一日をお過ごしください。 



おはようございます♪ 
マクロビオティック☆キレイ料理教室G-veggieのはりまや佳子です。 
みなさん今日もお元気ですか? 

昨日から今年で10期生を迎えるG-veggieの誕生秘話を公開しておりますが、 
おかげさまで大好評!! 

【誕生秘話】マクロビオティックからオーガニック料理へ 
http://blog.g-veggie.com/?day=20150211 

そこでそこで今日はその続きをご紹介しますね。 



にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ

重篤な肝臓病を長く患っていたはずなのに、 
なんで健康診断をするまで気がつかなかったのか?? 

それは肝臓という臓器の病だったからなのです。。。 

肝臓は人体最大の臓器で、成人男性で1.2〜1.4kg、 
成人女性で1〜1.2kgほどの重量があり、 
その大きさは心臓の4倍にもなるほど。 

人体の中央にある胃と隣り合っており右の肋骨の下にあり、 
なだらかな三角形の山に近い形をしています。 

肝臓は体に必要なタンパク質や栄養分の生成や貯蔵という機能の他、 
不要となった老廃物や薬物の解毒などを担う 

「人体の大きな濾過工場」 

という大きな役割をもっています。 

肝臓が弱る原因は… 
●アルコール性 
●自己免疫性 
●薬剤・毒物性 
●栄養・代謝障害性 


など様々な食&生活習慣のあやまりの他に、 
外的要因のウィルス性のものがあります。 

私の前夫の場合は25年以上前に輸血などの外的な要因で、 
C型肝炎のウィルスに感染したのが原因で、 
そのウィルスが体の中で長時間かけて増殖し、 
慢性肝炎をへて肝硬変を患っていたところで病が発覚したのです。 

肝臓は別名「沈黙の臓器」と呼ばれていて、 
その機能に異常をきたすほど肝臓が弱っていても、 
ほとんど自覚症状がありません。 

ですから病気が進行していたことに気がつかず、 
そのため気づいたときには 

肝臓ガンの一歩手前の肝硬変

という最悪の事態を招いていたのです。 

家族がある日突然、重病人と宣告 

もしあの時マクロビオティックの望診断を知っていれば、 
眉間に深く刻まれた2本のシワを見て、 
取り返しのつかない状態になる前に病気に気がついたのに… 

★マクロビオティックの望診断 
http://macrobiotic-daisuki.jp/boshinho-3991.html 

残念ながらマクロビオティックと出会う前の私は、 
その病の深刻さをインターネットの検索で知れば知るほど、 
途方に暮れる毎日を送っていました。 

このつづきはまた… 

↓↓↓応援クリックしていただけると、とても嬉しいです!!
にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ
応援&ご協力いただきまして本当にありがとうございます。

今日も最後まで読んでいただきまして、 
本当にありがとうございました。 

それでは今日もお日様のように明るく笑って、 
お月様のように穏やかな気持ちで、 
楽しい一日をお過ごしください。 

(蒲田校)東京都大田区東蒲田2-5-11 
(銀座校)東京都中央区銀座3-12-19  


株式会社オンリーワン 中央区銀座3-12-19   
tel : 03-3739-7841 / fax : 03-3734-4788 
e-mail info@g-veggie.com
 
おはようございます♪ 
マクロビオティック☆キレイ料理教室G-veggieのはりまや佳子です。 
みなさん、今日もお元気ですか? 

昨日は今期はじめてのクッキングの1DAYレッスンを銀座校で開催!! 
祝日前にも関わらず、素敵な方々にお集まりいただき、 
とっても楽しい時間を過ごすことができました。 
ご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございます♪ 


思えば今から9年前。 
妹の朋子とふたりではじめて自宅お料理教室が、 
日本一の繁華街の銀座に進出し、 
TVや雑誌などのメディアから取材を受け、レシピ本を出版し、 
その本をテキストにしたレッスンができる日が来るとは、 
夢にも思っていませんでした。 

にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ

私がマクロビオティックに巡りあったのは今から11年前。 
出版社でビジネス書の単行本の編集者として働いていた頃のこと。 

アメリカ人でミュージシャンだった前の主人が健康診断の結果、 
肝機能を表す数値に異常がみられたため、 
大きな病院で再検査をしたところ、 
「肝硬変」という重篤な病と診断されたことから始まります。 

肝硬変(かんこうへん、英:Liver cirrhosis) 
肝臓病の一つ。 
慢性の肝障害の進行によって、 
肝細胞が死滅・減少し線維組織によって置換された結果、 
肝臓が硬く変化し、肝機能が著しく減衰した状態を指す。 
肝炎は可逆的であるが、肝硬変は非可逆的である。 
(Wikipediaより引用) 

非可逆的=元に戻すことができない、 
いわゆる不治の病で、病状が進行すると肝臓ガンになり、 
やがて死を迎えるという恐ろしい病気です。 

私の前夫の場合は25年以上前にC型肝炎という、 
ウィルス性の肝炎になんらかの外的要因で感染し、 
長い時間をかけて病気が体の中で着々と進行し、 
気がついたときには取り返しのつかない肝硬変になっていたのです。 

この診断を病院で受けた時。 
私は目の前が真っ暗になったのを今でも鮮明に覚えています。 

健康だと思っていた家族が、 
いきなり死の二歩手前の深刻な病気だった。 

まるでドラマのような展開ですよね。 

そんなに大きな病気なのに、 
なんで気がつかなかったのでしょうか? 

この続きは明日のブログで… 

↓↓↓応援クリックしていただけると、とても嬉しいです!!
にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ
応援&ご協力いただきまして本当にありがとうございます。

今日も最後まで読んでいただきまして、 
本当にありがとうございました。 

それでは今日もお日様のように明るく笑って、 
お月様のように穏やかな気持ちで、 
楽しい一日をお過ごしください。 

(蒲田校)東京都大田区東蒲田2-5-11 
(銀座校)東京都中央区銀座3-12-19  


株式会社オンリーワン 中央区銀座3-12-19   
tel : 03-3739-7841 / fax : 03-3734-4788 
e-mail info@g-veggie.com
| 1/1PAGES |

カテゴリー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

今までの記事リスト