このブログについて

発倖美人とは…
いつもポジティブ&エネルギッシュで、夢に向かってやりたいことをどんどん実現し、自らのキラキラオーラで周囲の人に倖せを発することができる人のこと。
本ブログではマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)@東京・蒲田のインストラクターはりまや佳子が天井知らずの倖せを手に入れ、キラキラ発倖美人になることを目指し、自分らしく明るく楽しく暮らしていくためのとっておきのコツをご紹介します。

Facebook はりまや佳子

Facebook G-veggie

MOBILE

qrcode

おはようございます晴れ
マクロビオティック☆キレイ料理教室G-veggieのはりまや佳子です。
今日もみなさんお元気ですか?

ここしばらく涼しく過ごしやすい陽気でしたが、
また暑い夏が戻ってくるようですね。。

暑くなると食欲が落ちて、体力や気力が衰えてしまう!!
という方におススメな食べ物が玄米で作った甘酒。

甘酒といっても米だけで作っていてアルコール分は一切入っていないので、
お子さんからご高齢の方まで安心していただくことができます。

お米で作った甘酒は「飲む点滴」とも呼ばれていて、
病気の時に病院で受ける点滴の成分でもある、
必須アミノ酸全種、ブドウ糖、各種ビタミン群、
食物繊維がバランスの良く含まれている上に、
消化吸収も大変よいので毎日の健康づくりにもピッタリわーい(嬉しい顔)

エアコンがなかった時代は冬の「寒さ」で亡くなる方より、
夏の「熱波」で命を落とす方の方が圧倒的に多かったため、
江戸時代には夏に甘酒を売り歩く商人がたくさんいたとのこと…

ですから「甘酒」の季語は「夏」と決められているそうなのですが、
今は自然食品店さんで「甘酒」を夏に扱っている所はとても少ないので、
自分で作る方法を知っておくと便利ですよ!!


そこで今日は甘酒の作り方をご紹介しますね。

ここまでの記事が気にっていただけたら、
↓↓↓↓↓をクリックいただけるとても嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ
 
玄米甘酒の作り方

《材 料》
乾燥玄米麹 500g / 残りの玄米ご飯 450g

《作り方》
ヾチ膰縞胴蹐鯡40℃に暖めたお湯(200cc)の中にいれて30分〜1時間おく
∋弔蠅慮縞討竿咾鬚笋錣蕕めのおかゆに炊く
お湯でもどした玄米麹とおかゆを炊飯ジャーに入れて、手早く混ぜる
た翦咼献磧爾諒櫺垢離好ぅ奪舛鯑れて、フタを開けて6時間〜8時間おく
 このとき布巾やまきすをかけておくとホコリが入らない
セ折、温度を確認する 〜 55℃が適温ですが、温度がそれ以上になったら一旦保温のスイッチを切りフタを閉めて、60℃以上にならないように調節する
Εリーミーな甘酒の素に仕上げたいときには、できあがった甘酒の素をミキサーにかけるか、裏ごしする。

と、ここまでがこれまでの甘酒の作り方でしたが、
この方法ですとお店で売っているものに比べて甘味が足りないので、
先日ちょっと思いついて一工夫して作ってみたところ、
ものすごーく甘い玄米甘酒を作ることに成功しました。

その方法とは…
チューリップものすごーく甘い玄米甘酒の作り方
作り方△了弔蠅慮縞討竿咾鬚笋錣蕕めのおかゆに炊いたら、
ご飯がどろどろになるまでハンドミキサーにかけ、
それを戻した麹と合わせて炊飯器でじっくり発酵させる。

甘酒が甘くならない原因は「食品の分解」が進んでいないためでしたので、
その分解を人工的にハンドミキサーでしてしまうことにより、
ビックリするほど甘い玄米甘酒が完成いたしました!!

昨日のレッスンのときにこの方法で作った玄米甘酒を、
マクロビオティック基礎コースの生徒の皆さんに食べていただいたところ、
生徒さんから一斉に「あま〜い!!」という歓声があがりました。。

それから…
△了弔蠍縞討瓦呂鵑鯒鯤討瓦呂鵑吠僂┐篤韻己法でつくると、
もっと甘い甘酒ができますよ。

ちなみにこの方法で作ったものは甘酒の素なので、
食べるときにはお湯で2倍にうすめた後、
熱くして飲むとおいしい甘酒が楽しめます。

私のおすすめレシピは…
コーヒージンジャー甘酒
甘酒と同量の水を鍋に入れ火にかけ沸騰したら、おろし生姜を入れる

コーヒー穀物コーヒーの甘酒ラテ
甘酒と同量の水を鍋に入れ火にかけ沸騰したら、穀物コーヒーを入れる

コーヒー抹茶甘酒ラテ
甘酒と同量の水を鍋に入れ火にかけ沸騰したら、水で溶いた抹茶を入れる

コーヒーチャイティーの甘酒ラテ
甘酒と同量の水で作ったチャイ・ティーを鍋に入れ火にかけて温める

甘酒は冷たくしても美味しくいただけますが、
冷たい飲み物は胃や腸にとても負担がかかりますので、
なるべくHOTでいただくようにしてみてくださいね。

そして甘酒は素晴らしい発酵食品ですので、
甘い物好きで便秘お悩みの方の救世主でもあります。

上記の方法で甘酒をつくると1キロほど甘酒ができますので、
小分けにして使わない分は冷凍保存し、
使う時には自然解凍してから使うようにしてみてくださいね。

そして小分けにした甘酒を甘い物が食べたくなったら、
ご紹介したドリンクを作って飲むか、
面倒な方はそのままいただいてもOK!!

まずは2週間、ほかの甘い物を一切やめて、
手作り甘酒生活をはじめてみてください。。
そうすれば便秘が解消して、お肌もきれいになってきますよ。
是非、玄米甘酒で腸すっきり美人になってくださいね。。


それから…
甘酒を作る時間がないときには、オンラインショップでお買い求めいただけます。
★有機甘酒 250g
http://emacrobiotic.jp/?pid=42828449


 


甘い物はみなさんを幸せにしてくれるもの。。
だからこそ極上な食べ物で、最高の幸せを手に入れてくださいね。


「旬のものを使って、季節にあった料理方法で食す」 
これはマクロビオティックではとても大切なこと。 
それを実際に体感していただくための1年間コース。 


基本からきちんと理解していただくために、
毎月2時間の講義と2時間の調理実習で構成されたプログラムです。 

当コースを修了されると、マクロビオティックの家庭料理の基本はもちろんのこと、
自己望診断やお手当て法の知識がしっかり身につくので、
あなたとご家族に合ったマクロビオティックを実践する事が出来ます。 


【講義で学べること】 
1.美味しく食べて健康になれる「マクロビオティック料理の基礎知識」 
●生命エネルギーを高める良質な旬の食材と調味料の選び方 
●季節に合ったシンプルな料理法と味付け 
●日本に暮らす日本人に合った食べ方 

2.現代人の悩みを根本的に解決する「マクロビオティック的ライフスタイル」 
●四季の移り変わりとともに変化する自然に即した暮らし方 
●自分の力で健康的に体の調子を整える方法 
●食べ物の力で心をコントロールする方法 

3.顔をみると身体の中の不調がわかる「自己望診断法」 
●7歳までの間につくられた自分の体質を知る 
●食べ物や暮らし方によって変わる自分の心と体の状態を知る 
●臓器の弱りによって引き起こされる症状とネガティブな心理状態を知る 

4薬に頼らなくても体調を整えることができる「マクロビオティック手当法」
●キッチンにある食べ物の力を使った手当法 
●症状別、薬効のあるお茶で健康になる基礎知識 
●即効性のあるアロマオイルの手軽な活用法 


【調理実習で学べること】 
1.季節のカンタン料理 ⇒ 奇数月の調理実習 
●旬の食材の基礎知識 
●季節に合った野菜の切り方 
●季節に合った調理法と味付け 

2.季節のおもてなし料理 ⇒偶数月の調理実習 
●バランスのとれた華やかなフルコース料理 
●美味しそうに見えるスタイリング&盛りつけのコツ 
●白い砂糖・乳製品・卵不使用のスイーツのつくり方 


★募集クラス 
【蒲田校】  
平日 月2回 昼クラス 時間 12:00 〜 14:00(2時間) 
月の前半が講義、後半が調理実習 
●火曜クラス …まもなく満席です 
●木曜クラス  

週末集中クラス 時間 12:00 〜 16:00(4時間) 
* 1日で講義・調理実習を受講します 
●第1日曜クラス…まもなく満席です 
●第3日曜クラス 
●第3土曜クラス 
●第4土曜クラス 
  
【銀座校】  
平日 月2回 昼クラス 時間 12:00 〜 14:00(2時間) 
●月曜 (1クラス) 

平日 月2回  夜クラス 時間 19:00 〜 21:00(2時間) 
●月曜クラス…まもなく満席です  
●火曜クラス 
●水曜クラス 
月の前半が講義、後半が調理実習となります

★カリキュラム
http://media.wix.com/ugd/c0a058_844cfe904dba4b6ea3cf6ff788b7aa7c.pdf 
★スケジュール 
http://media.wix.com/ugd/c0a058_2b333c356549462c97f82d368dac8b98.pdf 
★期間・費用 
http://g-veggie.wix.com/school#!basic-class/c119n

【4月開講】マクロビオティック基礎コース 
《銀座校》のお申込みはこちら… 
http://form.os7.biz/f/9c759dfd/ 
《蒲田校》のお申込みはこちら… 
http://form.os7.biz/f/852e230f/ 

只今体験レッスンを開催中です

みなさんのご参加を心からおまちしています♪ 


  ↓↓↓応援クリックしていただけると、とても嬉しいです!!
にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ
応援&ご協力いただきまして本当にありがとうございます。

今日も最後まで読んでいただきまして、 
本当にありがとうございました。 

それでは今日もお日様のように明るく笑って、 
お月様のように穏やかな気持ちで、 
楽しい一日をお過ごしください。


(蒲田校)東京都大田区東蒲田2-5-11 
(銀座校)東京都中央区銀座3-12-19  
e-mail info@g-veggie.com 

 

Comment

Name:vanille 2013/08/08 9:39 AM
初めまして。
手作り玄米甘酒で調べてこちらのブログに辿り着きました。
以前から甘酒作りには挑戦していましたが、どうも甘くならず…
で、今回ははりまやさんのブログを参考にさせていただきました。
出来上がりがとても水っぽいのですが、こういうものなのでしょうか?
火入れをせずにそのまま使いたいのですが、どうも水っぽすぎて…これできちんと出来てるのか不安です。
糖化していくのに水っぽくなる…とは見かけたのですが…よろしければアドバイスお願いいたしますm(_ _)m
突然のコメントで申し訳ございません。

宜しくお願いいたします。
Name:はりまや佳子 2013/08/08 10:05 AM
vanilleさん、コメントありがとうございます。出来上がった甘酒が水っぽいとのことですが、甘さはいかがですか?水分が多くても少なくても、甘ければ成功ですので、どうぞ楽しんで食べてみてくださいね〜
Name:vanille 2013/08/08 3:46 PM
さっそくお返事ありがとうございます!

甘さもそんなに驚くくらいの甘さではなくて…

それから今回はヨーグルティアというヨーグルトを作るメーカーで温度設定して作ったのですが、保温が切れた状態になってたからなのか、蓋を開けると腐ってる匂いがしてました…

でも水っぽくても甘ければ大丈夫なのですね!
ありがとうございます。

何度かチャレンジしたのですが思うようにいかず…なので甘酒作るお教室があれば一度参加してみようと思います。

ありがとうございますm(_ _)m
Name:はりまや佳子 2013/08/11 11:17 AM
早速お返事ありがとうございます。発酵食品作りは温度管理が命ですので、出来上がるまでこまめに温度をチェックしてみてくださいね〜
次こそ成功しますことを、心から願っております♪
Name:- 2014/03/19 8:32 PM
管理者の承認待ちコメントです。

カテゴリー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2015 >>

今までの記事リスト