このブログについて

発倖美人とは…
いつもポジティブ&エネルギッシュで、夢に向かってやりたいことをどんどん実現し、自らのキラキラオーラで周囲の人に倖せを発することができる人のこと。
本ブログではマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)@東京・蒲田のインストラクターはりまや佳子が天井知らずの倖せを手に入れ、キラキラ発倖美人になることを目指し、自分らしく明るく楽しく暮らしていくためのとっておきのコツをご紹介します。

Facebook はりまや佳子

Facebook G-veggie

MOBILE

qrcode
おはようございます。 
G-veggieマクロビオティック☆キレイ料理教室のはりまや佳子です。 
今日はとっても気持ちのいい朝ですね〜 

朝の散歩で愛犬モカと花見を楽しみながら、 
ふと思い出したのですが… 

31年前の今日4月2日に私は社会人になりました。 

普通、新入社員の入社日は4月1日ですが、 
昭和59年(1984年)は4月1日が日曜日だったので、 
4月2日が初出勤日だったのです。 

私が短大を卒業して就職した会社は建設会社。 
母方の叔母がその会社の社長さんと知り合いだったことから、 
なんの苦労もせずに縁故入社しました。 

当時の女性は会社では補佐的存在で、 
今のように男性と同じ仕事をするという環境でなはく、 
女性は「お茶くみ」という立場で働くのが普通。 

私も結婚までの腰掛けという気持ちだったので、 
叔母の決めた通りになんの興味もない建設会社に就職を決めた次第です。 

その頃の自分の仕事に対する認識の甘さを考えると、 
今の学生さんたちの就職に対する真剣さは、 
ほんとうに素晴らしい!!と拍手喝采を送りたくなります。 

私の仕事人生は新入研修後、 
たった1っヶ月の引継ぎだけで高卒の新入社員の相方と一緒に、 
会社の受付の責任者を任されるという、 
ありえない大役を仰せつかったことからはじまりました。 

20歳の短大を卒業したばかりの小娘に、 
中堅どころの建設会社の受付を任せるとは、 
今考えるとなんと無謀な上司でしょう。 

なんでそんな奇想天外な人事になったのかというと、 
総務部長とも親しかった私の叔母が、 
「佳子は接客に向いているから、受付にするといい」 
と総務部長に進言したからだそう… 

新入社員なのにいきなり責任者!! 

という重圧に何度もやめたくなったけれど、 
31年たって思い起こすのは、 
楽しかったことばかり。。。 

会社の同僚や先輩、上司、たくさんの取引先のお客様、 
みなさんとても良い方ばかりだったので、 
仕事が辛くなったときには、 
美味しい料理を食べ、お酒を酌み交わしながら、 
たくさん励ましてもらいました。 

一緒に楽しく仕事をしてきた仲間との、 
楽しかったディナーや飲み会のことを思い出していたら、 
心がとっても温かく、そして柔らかくなってきました。 

私の仕事人生の倖せは… 
周りの人々に恵まれてきたこと!! 
そしてその素敵な方々と、 
一緒に楽しく食事をしたこと!! 

職場の人と仲良くし、楽しく仕事をして、 
そして仕事が終わると新宿の街に出かけ、 
仲良く一緒に遊んでいました。 

31年たった今もそれは同じこと。 

お教室のスタッフや生徒さんたちと、 
美味しく楽しいレッスンをして、 
美味して心と身体に優しい料理に舌鼓をうちならがら、 
心のゆくまで語り合う♪ 

神様が与えてくださった素敵なご縁を、 
一緒に食事することで美味しく楽しくつなぎ、 
自分の人生の最後の日まで、 
ワクワク&ドキドキしながら楽しくこの仕事を続けていきたいです。 

さあ今日はこれから1DAYレッスンに参加したくださった素敵な方々に、 
お礼のメールをお送りすることから1日をスタートし、 
さらに素敵な方々との美味しく楽しい輪を広げて、 
倖せスパイラルをどんどん広げて行こうと思います。 




今日も最後まで読んでいただきまして、 
本当にありがとうございました。 

↓↓↓応援クリックしていただけると、とても嬉しいです!!
にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ
応援&ご協力いただきまして本当にありがとうございます。



それでは今日もお日様のように明るく笑って、 
お月様のように穏やかな気持ちで、 
楽しい一日をお過ごしください。


(蒲田校)東京都大田区東蒲田2-5-11 
(銀座校)東京都中央区銀座3-12-19  
e-mail info@g-veggie.com 

Comment

カテゴリー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

今までの記事リスト