このブログについて

発倖美人とは…
いつもポジティブ&エネルギッシュで、夢に向かってやりたいことをどんどん実現し、自らのキラキラオーラで周囲の人に倖せを発することができる人のこと。
本ブログではマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)@東京・蒲田のインストラクターはりまや佳子が天井知らずの倖せを手に入れ、キラキラ発倖美人になることを目指し、自分らしく明るく楽しく暮らしていくためのとっておきのコツをご紹介します。

Facebook はりまや佳子

Facebook G-veggie

MOBILE

qrcode
昨日G-veggieの生徒さんから、絶妙なタイミングでおもしろい質問のメールをいただきました。

その質問とは…
「いい文章を書くには、どんな食事をしたらいいでしょうか?」



実はある方からパンフレットのリライトと構成をたのまれ、昨日から久しぶりに編集の仕事に取り組んでいたところで、ちょうど文章を書く人の体調と文章とのかかわりについて考えていたところに来た質問でした。

編集者だった頃は色々な方の原稿を読んでいましたので、著者の方の体調とその文章から考えてみると…

体調が陰性過多の方の書く文章は長く、くわしく説明しているようで形容詞や無駄な文句が多いので、全体的な印象としてだらだらした感じでまとまりがなく、結果的には文章の真意が相手に伝わりにくいという特徴をもっています。

「この人は一体何が伝えたかったのだろう」という読後感が残ります。

一方陽性過多の方の文章は短く、一見簡潔に書いているようですが、説明不足なため読み手の理解力がないと成り立たないという特徴があるように思います。

「いいたいことは分かるが、文章が成り立っていない」という読後感が残ります。

ちなみに陰陽過多の方の書く文章は、その両方の特徴をもっているため、一貫性に欠くという特徴があります。

ではいい文章を書くにはどうしたらよいかということですが、わかりやすく明快な文章を書くためには、自分をより中庸にするということではないかと思います。

ですが文章を書くということ自体は人間の創造力の賜物ですので、中庸から少し陰性ぎみの方のほうが、人の心をうつ文章がかけるのではないかと思います。

とくに小説やシナリオなどを書く場合は、事実を述べるのではなく、お話を作るという作業ですので、書き手の方にはほどよい陰性さが必要です。

ではどんな食べ物を食べたらよいかというと…
きちんとマクロビオティックの食事をするということに限ると思います。

その上で、塩味を気持ち控えて、新鮮なものを食べるということが重要。

新鮮な食物はフレッシュなエネルギーがあふれていますので、そのイキイキとした力は、斬新な作品作りに大いに役立つはず。

逆にどんなものを食べてはいけないかといと…
肉・卵・乳製品・白い砂糖・刺激飲料・スパイス・熱帯産の野菜や果物・粉物といった 極陰・極陽な食品は極力避けるべきだと思います。

ちなみに私は少し陽性ぎみなので、長い文章を書くのはあまり得意ではありません。

また小説などを読んでいても、叙情的な表現を愉しむことができないのでその部分を飛ばして読み、結末を急いで知りたくなるという癖があります。

みなさんはいかがでしょうか?

Macrobiotic School G−veggie@東京・蒲田
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
10月の1Dayクラス「みんな大好きかぼちゃ&おからのコロッケ」受付中♪

メルマガに登録していただいた方には、1Dayクラスのご案内をお送りしています。ホームページからご登録ください⇒http://g-veggie.com
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
最近、暑くなったり、寒くなったりと気候が不安定でなんとなく調子が悪いと感じている方が多いと思います。
こんなとき、夏の間暑くてなんとなく玄米ご飯が食べづらく、麺類をたくさん食べてしまった方は要注意!身体が陰性に傾いています。

これからは一雨ごとに気温がさがって、だんだん陽性のシーズンに向っていきますので、しっかり圧力で炊いた玄米ご飯とお味噌汁を中心にして、長い時間煮炊きした野菜や豆といった陽性ぎみのおかずをメニューに加えるようにしましょう。



そろそろ野菜サラダやマリネなど、生で野菜を食べるのは控えたほうがいいですよ♪
それから香辛料を使うのも控えましょう。

今はマクロビオティックでは「晩夏」という季節の時期です。
このシーズンにはキャベツや玉ネギ、かぼちゃなどの丸くて甘いお野菜を中心にメニューを組み立てるとバランスのいいお食事ができます。



それから粟、稗、黍などの雑穀を玄米に混ぜて炊き合わせたりするのもよいでしょう。
豆ではひよこ豆がおいしく感じる季節ですので、ひよこ豆ご飯というのもいいですね。

気温の変化を心と身体で感じ取り、それにそってバランスのいいお食事を心がければ自然と調子が戻ってきますので、毎日のお食事で身体と心のバランスを調節するようにしましょうね。

四季の移り変わりとともに暮らす。
これこそがマクロビオティックなのです。。。

Macrobiotic School G−veggie@東京・蒲田
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
10月の1Dayクラス「みんな大好きかぼちゃ&おからのコロッケ」受付中♪

メルマガに登録していただいた方には、1Dayクラスのご案内をお送りしています。ホームページからご登録ください⇒http://g-veggie.com
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

水虫の原因として考えられる食べ物は
1.動物性たんぱく質
2.脂肪
3.乳製品
4.精白した小麦粉・砂糖
5.菓子・果物・果汁・清涼飲料水
6.ナス科などの熱帯産食品
7.刺激物
8.アルコール類
9.過去に使用した抗生物質・薬物

以上のような食べ物によって血液が酸性過多となり、寄生虫の感染がおきやすくなったため水虫に感染してしまったのです。
ですから、お食事は陽性ぎみの食事をこころがけ、上記のような食べ物は避けるようにしましょう。

その他には、
1.100%木綿の靴下を履く
2.皮や布製の通気性のある靴を履く
3.ボディ・スクラブをする
4.脚を塩番茶につける

我が家の愛犬もモカが最近足の肉球の間をなめていたのでよくみてみたら、赤く腫れていました。水虫ではないけれど、獣医さんにいったら炎症を起こしているといわれました。炎症を抑えるためにオキシドールでうすい消毒液をつくり、外出のあとはその消毒液で足を洗うようにといわれたのですが、薬品は使いたくなかったので塩番茶で足をあらってみたら、今日は一度も足をなめてませんでした。塩番茶の効果テキメン!!でした。

〜* Macrobiotic School G−veggie@東京・蒲田*〜*〜*〜*
             http://g-veggie.com
5月の1Dayクラスは4月29日締め切りです。お申込はお早めに…
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜* 〜*〜*〜*

乗り物酔いは胃腸の不調による場合がほとんどです。
家庭療法としては…
1.ごま塩をそのまま頓服するか三年番茶のといて飲む。
2.梅干を一粒食べるかお茶にといて飲む。
3.お茶に粉末の生姜を溶くか、すりおろして絞り汁を入れて飲む。

お試しくださいね。。

〜* Macrobiotic School G−veggie@東京・蒲田*〜*〜*〜*
             http://g-veggie.com
5月の1Dayクラスは4月29日締め切りです。お申込はお早めに…
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜* 〜*〜*〜*


「ものもらい」はこれまで食べてきた陰陽両方の極端な食べ物、特に動物性、植物性を問わず脂っぽい食品によるものによって引き起こされています
症状が悪化しないためにも、青い皮膚の魚や魚卵、それから多量の水分・砂糖・甘い食べ物・熱帯産食品(トマト・じゃがいも)・スパイス・アルコール類・薬物の摂取は控えてくださいね。

手当法としては番茶湿布がオススメです。
痛みが取れ、回復が促進されますよ。
《番茶湿布》
1.木綿のタオルを.沸かした番茶に浸して絞る。
2.タオルが室温くらいになっったら患部に当てて数分、もしくは痛みが治まるまでおく。

薬に頼らないで治しましょうね。

〜* Macrobiotic School G−veggie@東京・蒲田*〜*〜*〜*
             http://g-veggie.com
5月の1Dayクラスは4月29日締め切りです。お申込はお早めに…
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜* 〜*〜*〜*
<< | 2/4PAGES | >>

カテゴリー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

今までの記事リスト